フラッシュライト付 屋外 暗視 赤外線防犯カメラ

フラッシュライトは威嚇のために昼夜フラッシングしています。フラッシングは瞬間発光ですので、映像には影響することが有りません。また、夜間の赤外線照射は別途で点灯をします。

赤外線を照射し、光が無いところでも映像を録画することができますので、昼夜両用で仕様することができます。しかし照射距離には限界がありますので、注意が必要で。

強い光を正面(逆光)にして撮影すると、周囲の物が黒くなったり、白くなってしまったりするのをデジタル処理によってふせぎますので、様々な状況で、鮮明に画像を写すことができます。本体のボタンでモニターを見ながら簡単にカメラの設定ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です