あおり運転の対処の1つの方法

あおり運転をされてしまいますと自分の精神状態を正常ではない状態にされてしまい、正しい判断をおこなうことができなくなってしまいます。

最近ではメディアも多く取り上げており、危険で悪質なあおり運転が社会問題化していることを受けて警察庁は全国の警察に対して重大な事故を起こしてしまう可能性があると判断された運転者に対して、最長で180日間の免許の呈し処分を通告することが出来る規定を積極的に適用するという通達が行われました。

あおり運転をした車両を警察官が視認した場合には、危険が生じると判断された場合には運転者を免停にすることが出来るということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です